沿革



1998~1999年

前身となる会社において、1998年に自己勘定投資による外国人向け高級賃貸マンションの開発や鎌倉での宅地分譲を手掛ける。
1999年には、華僑投資家を対象とした居住用物件に投資する不動産投資ファンドを組成し、運用をスタート

2000年

英国大手不動産会社グロブナー社との共同事業による1号ファンドの運用をスタート

2001年 

アジアの投資家と組み日本初のホテルを投資対象としたファンド運用をスタート

2003年

グロブナー社との共同事業による2号ファンドの運用をスタート

2005年

首都圏でビジネスホテル開発ファンドの運用をスタート

小規模レジデンシャルを投資対象とした1号ファンドの運用をスタート

2006年

小規模レジデンシャルを投資対象とした2号ファンドの運用をスタート

2007年

小規模レジデンシャルを投資対象とした3号ファンドの運用をスタート

2011年

小規模レジデンシャル”ALERO”の開発ファンドの運用をスタート

※当社の不動産ファンド運用実績はこちらからご覧下さい

コメントは受け付けていません。